STAP STAP

STAP = (動詞)スタップする、カシャカシャする(造語)
 

スポンサーサイト 

No. : --/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FreeBSD part3 

No.174 : 2007/05/04(Fri) 23:33:34
一昨日の日記のタイトルを FreeBSD part1 に直してきました。
やっぱり連続してた方が整頓されてていいですよね。


今日は昨日言ったとおり X を入れました。X.org というのが正式です。
まぁこいつは ports のおかげで

# cd /usr/ports
# portinstall X11/xorg

やるだけなんですが・・・
俺はここを参考にインストールしたので
大量の portinstall をやりましたが・・・
最後に source で更新。そして設定。

この設定がまたややこしかったです。まず

# X -configure

で設定ファイルを自動生成。
次に vi で /root/xorg.conf.new を開いて設定。
とりあえず Section "Device" の Drive のところが i810 になってましたが、
エラーが出るので vesa に変更。それ以外は前記のサイトの記述に従いました。
(どうやら Inspiron6400 が 945GM なのがいけないっぽい。パッチっぽいものを見つけるも意味不明)
次に

# X -config /root/xorg.conf.new

と設定ファイルを指定して X.org を起動。おお、出た。
そして一般ユーザーでも使えるように

# cp /root/xorg.conf.new /etc/X11/xorg.conf

[Alt+F2] で tty1 に切り替えて一般ユーザー(wheel,operator に属してます)でログイン。

% cp /usr/X11R6/lib/X11/xinit/xinitrc ~/.xinitrc

を実行。


ここからが泥沼でした


そして

% startx


実行。結論から先に言えば、失敗しました。

startx を実行すると


[: /home/eichimu: unexpected operator
[: /home/eichimu: unexpected operator


と2回エラーが出てきて、あとはドロドロで giving up なんて出て終っちゃいました orz
このエラーについて調べてみると、どうやら .xinitrc があやしい。
ただし、具体的にどこがおかしいのかはわからない。
だって .xinitrc はネットに載ってるやつと同じだしさぁ…
root で startx すると普通に twm が起動する。/root には .xinitrc はない。

なんでだぁ?( ̄~ ̄;)
結局 .xinitrc があるとうまくいかない。
この後 qvwm をインストールしましたが、startx で起動させようにもうまくいかないので
xinit を実行してから qvwm としています。

最後に kterm や canna をインストール。これだけに 1 日使いました orz


明日こそ解決したいと思います。
明日は qvwm 以外のウィンドウマネージャを入れてみたいと思います。
あとエディタとかいろいろ。



この休み中に FreeBSD に軽く強くなりたい。

スポンサーサイト
あちぃ~・・・ | HOME | FreeBSD part2

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

Profile

エイチム

Author:エイチム
programmingに
興味を示す高専生

Diary

Recent Comments

Archives

Category

Link

このブログをリンクに追加する

RSS


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。